睡眠時無呼吸症候群・自費診療・禁煙外来|黒山内科医院

  • 神奈川県大和市中央林間2-21-20 コスモヒルズ中央林間1F

睡眠時無呼吸症候群・
自費診療・禁煙外来

Medical

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群

成人の場合、いびきをかく人で、1時間に5回以上睡眠時無呼吸があり、日中に強い眠気や集中力低下などがあると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。その多くはのどが塞がって起こる閉塞型と言われるもので、顎が小さいことや肥満が原因となります。

重症の睡眠時無呼吸症候群に対する主な治療には、CPAP(シーパップ)という治療器械を夜間装着する方法、マウスピースを夜間装着する方法と、のどを広げる手術があります。現状では効果及び身体の負担等を考慮するとCPAPの夜間装着が第一選択と考えますので、導入をお勧めさせて頂きます。

この病気は、日中の眠気、熟睡感のなさなどの他、高血圧症や心臓病や脳血管疾患、糖尿病を悪化させるのでできるだけ早く診断し、治療を始める必要があります。

当院では自宅でできる睡眠検査を行い、患者さんと治療方針をご相談させて頂きます。検査(ご自宅でできる)・解析(重症度評価)・治療まで、当院で行わさせて頂きます。

睡眠時無呼吸症候群

主な症状

寝ているとき

いびきをかく、呼吸が止まる・むせる、息苦しさを感じる、息苦しくて目が覚める(トイレに起きる) 、寝相が悪い、寝汗をよくかく

起きたとき

頭が痛い、口が乾いている、いくら寝ても疲れが取れない、熟睡感がない、体が重く感じる、起床時にスッキリしない、朝の血圧が高い

日中のおきているとき

日中の強い眠気、だるさや倦怠感、集中力の低下、記憶力の低下、いつも疲れている、性欲の低下、勃起障害、居眠りで交通事故を起こしかけたことがある

睡眠時無呼吸症候群

治療方法

CPAP療法(シーパップ)

睡眠時無呼吸症候群

寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させて治療する方法です。CPAP装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。

CPAP療法を適切に行うことで、睡眠中の無呼吸やいびきが減少し、眠気の改善や、血圧を下げる効果が期待されます。

マウスピース療法

軽度な症状に適した治療方法です。
睡眠時に、マウスピース(スリープスプリント)を装着し、下あごを上あごよりも前方に出すように固定させることで上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぎます。

費用について

保険診療で診療させて頂きます。いびき等上記症状でご相談等ございましたらお気軽にお声がけください。

Medical

自費診療

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症

当院では内服薬2種類を保険適応外で院内処方しております。

男性型脱毛症(AGA:androgenetic alopecia)は、思春期以降に始まって徐々に進行します。前頭部と頭頂部の毛髪が軟毛化して細く短くなり、最終的には頭の生え際が後退し、頭頂部の毛髪が失われることが特徴であり、男性では最もよく見られる脱毛症です。日本の成人男性の25%に発症し、遺伝や男性ホルモンの乱れによる影響と考えられております。

当院での治療

男性型脱毛症

日本皮膚科学会ガイドライン 2017で推奨されているデュタステリド 0.5mg/日、フィナステリド1.0mg/日の処方を行っております。20歳以上の男性に対してのみ処方しております。

フィナステリド、デュタステリドともに、脱毛作用の強い男性ホルモンとして知られるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することで、脱毛を抑える効果が期待できます。食事の影響は受けないため、自分の飲みやすい時間を決めてから服用してください。毎日同じ時間帯で服用すると薬剤の効果が上がります。飲み忘れてしまうと効果が現れないのでご注意ください。

当院で処方しておりますデュタステリド 0.5mg、フィナステリド 1.0mgのランダム化比較試験では大差はないものの、僅かながらデュタステリド 0.5mgは優れた効果を示しているが、副作用の観点からもどちらを内服するかは患者さん個人と相談して決定します。

副作用

性欲減退、勃起障害、射精障害、精液量減少といった症状が10%弱出現するといわれております。またデュタステリドの方が生殖器系の副作用は多く出るといわれております。

PSA低値(約半分になります)、まれに肝機能障害が出現します。

価格

一般名 デュタステリド 先発品 ザガーロ 0.5mg 30日分 10,000円
後発品 デュタステリド 0.5mg ZA「YD」 30日分 5,500円
一般名 フィナステリド 先発品 プロペシア 1mg 28日分 7,640円

男性勃起不全症(ED)

男性勃起不全症(ED)

ED治療は公的医療保険が適応されない自由診療・保険適用外の医療になります。当院では、最新のED診療ガイドラインに準じて診療し、国内で正規に承認された医薬品のみを取り扱っております。受診時にご相談ください。

当院ではPDE5阻害薬としてシルデナフィル1錠50mgとタダラフィル10mg処方しております。シルデナフィルは内服後30~60分で効果を発揮し、有効性は70%程度となっております。65歳以上の高齢者の方は半錠にして内服してください。

タダラフィルは内服後30分程度で作用が出現し、持続時間は最大36時間まで続きます。また36時間続くといっても、性的刺激や興奮を受けないと勃起は起こらないためご安心してください。
またシルデナフィルはタダラフィルに比較すると食事の影響は比較的受けにくいですが、空腹時に内服することを推奨しております。 両剤とも肝機能障害がある方や、重度の腎機能の方は半錠にして飲んでください。

内服できない方、注意すべき人

  • 硝酸薬を内服中もしくは内服する予定のある方
  • 抗不整脈薬としてアミオダロンを飲んでいる方
  • 大量飲酒中の方

副作用

頭痛、ほてりが10%程度出現いたします。また2%程度に一過性眼症状が出現します。眼症状が改善しない場合は、内服中止し眼科を受診してください。

またタダラフィルの副作用には背部痛も認めることもあります。

価格

一般名 シルデナフィル 後発品 シルデナフィル錠 50mgVI「テバ」 1錠 1,200円 バイアグラの後発品。性行為の約30分~1時間前の空腹時での内服を推奨いたします。
一般名 タダラフィル 後発品 タダラフィル錠 10mgCI「サワイ」 1錠 1,400円 シアリスの後発品。性行為の約1~3時間前の空腹時での内服を推奨いたします。
Medical

禁煙外来

注意

※現在は禁煙処方薬入手困難のため休止しております

禁煙外来について

禁煙外来

生活習慣病や肺がんといった重篤な病気との因果関係が指摘されている中、禁煙に挑戦し失敗された方も多いと思います。健康保険で行う禁煙治療は、お一人の努力だけではなく、禁煙補助剤の使用や医師、看護師の指導、アドバイスを受けて治療が進められますので、ご検討中の方はお問い合わせください。

※禁煙治療は3ケ月で5回の通院プログラムとなり、禁煙成功率は禁煙補助剤等を使用した場合、約60~70%と言われております。また過去に禁煙外来を受診しても禁煙できなかった方も、1年経過していれば保険診療で再度禁煙外来を受診して頂けますので気軽にご相談ください。

禁煙外来を受けるには

35歳以上の方は、下記の1~4の条件を満たしていれば健康保険で禁煙治療を受けられます。

35歳未満の方は、下記の1、3、4の条件を満たしていれば健康保険で禁煙治療を受けられます。

  • タバコ依存度スクリーニングテスト(TDSテスト)で5点以上 
  • 1日の喫煙本数×喫煙年数(ブリンクマン指数)が200以上 
  • 直ちに禁煙することを希望し、禁煙治療を受けることを文書により同意している
    (当院では問診票に記入) 
  • 初めて禁煙治療を受ける、もしくは前回の禁煙外来(保険診療による)初回日より1年以上経過している 

※条件を満たしていない項目があった場合、健康保険で治療を受けることはできません。
※禁煙治療は12週間で5回通院のプログラムとなっています。スケジュールどおりに来院できない場合、保険診療での治療は中断となり、以降の治療は自費診療とさせて頂きます。
(再度保険適用になるには治療初回日から1年以上経過する必要があります)。

禁煙外来の流れ

1

喫煙状況やニコチン依存度、禁煙の関心度などをチェックし、呼気中一酸化炭素濃度などを検査いたします。その後、病状に合わせて治療方法をご説明いたします。

2

詳細に診断を行った上で禁煙開始日などを決定し、禁煙補助薬(貼り薬のニコチンパッチもしくは飲み薬のバレニクリン)を処方いたします。
注:バレニクリンは現在製造中止となっており、ニコチンパッチもその影響あり、入手困難でございます。

3

定期的(およそ2週間~4週間おき)にご来院頂き、禁断症状の確認や対処法などをカウンセリングしながら、治療を進めていきます。

ニコチンパッチでの禁煙スケジュール

禁煙外来の流れ